So-net無料ブログ作成
ネットの上で共有財産

坐骨神経痛の痛みとは [健康]

坐骨神経痛は自宅でのストレッチで治せる! → http://reun.biz/z/uvXxja/




「坐骨神経痛」については聞いたことはあっても、
症状や原因について、よくわかっていませんでした。

もともと、腰痛を持っていたので、腰の痛みや足の痺れは
そのせいだと思っていて特に治療もせず過ごしていました。

そんなある日、突然の痛みに襲われました。
最初は太ももの裏あたりからつけねの辺りまで鈍い痛みでした。
ちょうど、朝、会社に到着し、駐車場から玄関まで歩き始めた時で、
なんか、痛いな…と思いながら足を少しひきずる形で歩きました。
その日は、時間が経つにつれ痛みが増し、とうとう夕方には立ったり座ったりするのも
困難な状態になってしまいました。
一部分の痛みだったのが、腰から足の先まで痺れ、思うように歩けません。
座っているだけでも痛いのです。
今までの腰痛と違うことは分かりましたが、既に夜になっており
翌日は土曜日だったので、家に帰って様子を見ることにしました。

家に帰ってからも痛みは治まらず、ベットに横になったのですが
痛くて眠ることもできません。あまりの痛さに涙を流しながら、横たわっていた私。
そのうち、痛みに疲れ、いつの間にか眠ってしまいました。
まるで、泣きつかれた子供のようでした。

結局、翌日病院に出かけ診察をしてもらうと、「坐骨神経痛」だと判明しました。
痛みどめの薬を処方され、夜には痛みも痺れもなくなっていました。
翌日も鈍い痛みがあったのですが、薬のせいかだいぶ落ち着きました。

大人になってから、泣くほどの苦痛は初めてでした。





坐骨神経痛に悩んだらこちらをご覧ください → http://reun.biz/z/uvXxja/

日頃の運動の重要性 [健康]


坐骨神経痛や足腰のしびれは自宅で治せる! → http://reun.biz/z/uvXxja/



私は20代の若さで、ぎっくり腰を起こしたことがあります。

ぎっくり腰というと、中年以降の人がなるようなイメージがありますが
普段しないような姿勢をすると、本当にコシが「ギクッ」となり
激痛が走ります。

そして次の瞬間、動くことができなくなります。
階段の上り下り、歩くこともままならず、すべての動作を慎重にしていていも
あぶら汗が流れてきます。

その当時は独身で普通に会社員でした。まさかそれがぎっくり腰だとも知らず
翌日も普通に会社へ行き仕事をしていました。

ですが腰をかばって慎重に動く私の動作を見て、会社の先輩が
「もしかして、ぎっくり腰?」と私に聞いてきたのです。
まさかと思いながらも、どんな状態かを話すと、やはりぎっくり腰でした。

幸い私は慎重に動くことで、約2週間ほどで治りましたが、
普通は整形外科で診察を受けるものだそうです。

また何かしら不自然な動きや、姿勢をすることで、ぎっくり腰は突然に起こります。
ですので、普段仕事をしている、動いているなどと思わず
日ごろから軽めの運動をしていると、ぎっくり腰にはなりにくいのです。

私は二度とあのような激痛は経験したくないので、普段から軽めの運動を取り入れています。



坐骨神経痛はストレッチで治せる! → http://reun.biz/z/uvXxja/

足腰を丈夫にする秘策とは? [健康]


☆1日5分のストレッチで坐骨神経痛は治る! → http://reun.biz/z/uvXxja/



足腰を丈夫にしようと思ったら何か特別なことをしなくてはいけないと思ってしまいますよね。
ジムとかでトレーニングしたりウォーキングをしたりする方も多いと思います。
でもそれって確かに効果は上がりそうですがお金がかかったり、
時間がかかったりと忙しい人や懐が淋しい人にはやりにくいもの。

そこで私が心がけているのは普段の生活の中でちょっとだけ努力をしてみることです。
例えばとにかく歩くこと。
ちょっと出かける場合に乗り物を使わず歩く。
お店に車で行ってもちょっと遠めの駐車場に置いて歩いていく。
そしてエレベーターやエスカレーターを使わず階段を使うこと。
デパートなどでは階段を使っている人はあまりいないので、
たまに怪しまれたりしますが気にしない気にしない。
あとはテレビを見ながら、音楽を聞きながら家でできるストレッチや筋トレをすることもあります。

以前、体調を崩して1週間ほど寝込んで動かなかったことがあるのですが、
信じられないほどに筋力が落ちました。
その後ちょっと歩いただけなのに筋肉痛になって辛かったです。
やはり普段の生活の中で無理のないくらいに筋肉を使うのが一番だと思います。



☆坐骨神経痛でお悩みならこちら → http://reun.biz/z/uvXxja/

侮ってはいけない坐骨神経痛 [健康]

◦「坐骨神経痛」1日5分のストレッチで?! → http://reun.biz/z/uvXxja/


みなさん、こんにちは。
雪が舞う季節になりましたね。



学生時代はわりとスポーツが好きで、小学校はバスケやバレーなどのスポーツの部活をしていたし、
中学校も3年間バレー部に所属してました。

高校の時は片道40分ぐらいの高校へ自転車で通っていました。
だからわりと体は鍛えてる方でした。

坐骨神経痛ももちろん一度も経験がありませんでした。

高校を卒業してすぐに某家電量販店へ就職しました。
そこで私は電池などの小物担当を任せられました。
最初の方は良かったんですが、納品された電池がたくさん詰められた箱などを持ち運んだり
棚に片づけたりしているうちに今まで経験したこともないギクッとした痛みが走るようになりました。

ギクッとして手に持っていた電池の箱をそのまま下におろせないぐらい痛く
その場で電池の箱を落とすこともありました。

最初はギクッとした痛みだからもしかしてぎっくり腰になりかけているのかな?と思いました。

でも、その重い物を持っている時にギクッとした激しい痛みがある以外
普段の生活では全く痛みはありませんでした。

それが何度も繰り返され、次第に普段何もしていない時でも腰に痛みを感じるようになっていました。

ある日、朝出勤してすぐにやっぱり腰が痛いなぁ、そろそろ病院へ行くべきかなぁと思い、
仕事を抜けて昔他のことで診てもらったことのある整形外科へ行きました。

その時の診察では一番下の背骨が薄くなっている、運動不足が原因ですと言われ牽引治療を受けました。

その後もリハビリ(牽引治療)に来るように言われていましたが、仕事もあり一度も行きませんでした。
坐骨神経痛が原因ではありませんが、それから間もなくして仕事をやめました。

仕事で私は初めて激しい坐骨神経痛に悩まされるようになりました。
それが20歳の頃でした。

後にそれがヘルニアだったことがわかりました。



今日も読んでいただきありがとうございます。


「坐骨神経痛」私はもう悩まない! → http://reun.biz/z/uvXxja/





坐骨神経痛の痛み・しびれでお悩みの女性の方へ (東京都-練馬区-成増) [健康]

ある日、歩いていて太ももに痛みを感じました。

それからも、しばしば、太ももから足先にかけて、ひきつるような痛みを感じることが多くなりました。

そして京都で電車に乗って遠出していたときに、急に足をひきつるような激痛を感じることがあり、偶然持っていた湿布を派って、その場をしのぎました。

それからも、同じような痛みを感じることが増えて、おかしいと思い、お医者さまへ行きました。

それを先生に伝えて、診察していただき、レントゲンをとりました。

結果は坐骨神経痛でした。

発症するのに私には思い当たることがありました。

アルバイトでかなり重い荷物を、女性なのに持つことがたくさんあって、それを繰り返ししていたので、体を酷使していたからだと思います。

そこで整骨院やマッサージ、整体、などがけっこう効くと、先生に聞き、通ってみることにしました。

整骨院では保険で対応しただいて、思っていたよりも、お安い金額で施術を受けることができました。

お安い金額だったので、毎日通ったところ、だんだんと良くなってきました。

そして、思い荷物も持たないようにして、今ではすっかり痛みが出ることはなくなりました。

「坐骨神経痛の痛み・しびれでお悩みの女性の方へ (東京都-練馬区-成増) 50代 女性」

坐骨神経痛になった際の正しい治療法とは? [健康]

私が40代(48才)の時に坐骨神経痛になり、治療→改善にいたった際のお話しをします。

坐骨神経痛を発症して他の人の手助けを受けないと動くことが不可能な場合もあります。

このような場合には、すぐに整形外科などの病院で診察を受けることが望ましいと考えられており、
坐骨神経痛の症状の度合いに応じてふさわしい治療法を選択することが必須となってきます。

主に安静にする期間を設けることが治療法として有効であるとみられており、
患部を極力動かさない方法がとられることが多くあります。

その一方で痛みが激しく残っている場合は湿布を貼ることで症状の改善を目指していくことが多いのではないでしょうか。

大半の坐骨神経痛の症状はこのような治療法を取り入れることで発症前の状態に回復させることが可能となっています。

ということで、坐骨神経痛になった際の治療法についてでした。

40代の坐骨神経痛は頑張ればすぐに改善できると思うので、あきらめずにがんばりましょう!
タグ:坐骨神経痛

坐骨神経痛になった際の正しい治療法とは? [健康]

私が40代(48才)の時に坐骨神経痛になり、治療→改善にいたった際のお話しをします。

坐骨神経痛を発症して他の人の手助けを受けないと動くことが不可能な場合もあります。

このような場合には、すぐに整形外科などの病院で診察を受けることが望ましいと考えられており、
坐骨神経痛の症状の度合いに応じてふさわしい治療法を選択することが必須となってきます。

主に安静にする期間を設けることが治療法として有効であるとみられており、
患部を極力動かさない方法がとられることが多くあります。

その一方で痛みが激しく残っている場合は湿布を貼ることで症状の改善を目指していくことが多いのではないでしょうか。

大半の坐骨神経痛の症状はこのような治療法を取り入れることで発症前の状態に回復させることが可能となっています。

ということで、坐骨神経痛になった際の治療法についてでした。

40代の坐骨神経痛は頑張ればすぐに改善できると思うので、あきらめずにがんばりましょう!
タグ:坐骨神経痛

坐骨神経痛に効果的なオススメのクッションとは? [健康]

坐骨神経痛に効果的なオススメのクッションとは?


坐骨神経痛で今、悩んでいるという人はたくさんいます。
その人たちのために、オススメのグッズが販売されています。
色々あるのですが、その1つが、坐骨神経痛の人のために作られているクッションです。


クッションは毎日の生活の中で何気なく使っているものです。
そんな何気なく使えるアイテムで坐骨神経痛の痛みを和らげることが出来るのです。
とても便利なアイテムだといえるでしょう。


坐骨神経痛になってしまったら、病院に必ず行くようにしましょう。
風邪のように、放っておいても治るものではないのです。
しっかりと治療をしないと治ることはありません。


放置していると、どんどんと症状が悪化してしまうことがあります。
悪化してしまうと、歩くのも困難になってしまほどの痛みを感じることもあるそうです。
そうなってしまったら、外出も難しくなるでしょうし、家の中でもちょっと動くという動作が難しくなってしまいます。


坐骨神経痛かもしれない。
そう感じたのであれば、すぐに病院に行くことをオススメします。
早めに病院に行くことで、早急にその症状を改善していくことが出来るはずです。


病院での治療と並行しながら、クッションを使うことも考えてみてはいかがでしょうか。
病院での治療も大切ですが、自宅で出来ることをしてみるのも大切なことだと思います。
クッションは何気なく使うことが出来るものですし、快適に過ごすことが出来る便利なアイテムなので、オススメです。

坐骨神経痛の痛み・しびれは職業病みたいなもの? [健康]

数年に一回は程度に差があるものの坐骨神経痛を発症してしまいます。

近頃は気を付けているせいかあまり大きな坐骨神経痛は出ていませんがそれでも、1カ月程度は苦しい思いをしてしまいます。

初めて、坐骨神経痛の症状が出たのは40代になってすぐでありました。

初めは腰の部分の違和感というような感じでありましたが、それが数日で仕事に影響が出るくらいになって、病院に診察に向かいました。

レントゲンやその他の診察でも特に原因らしきものは見つからず、単純な坐骨神経痛というような診断でありました。

そんなに重量のあるようなものをずっと持っているという仕事ではないのですが、
それでも一日少しはそこそこの重い物を配送したりするのが、やはり積み重なって坐骨神経痛となって出てくるようです。

医者には職業病のようなものですから、数年に一回は出る可能性はありますと宣告されました。

ただ、骨とか筋肉にはあまり支障がないということでは一安心でしたが。

それ以後は、なるべく重い物は何回かに分けて運ぶようにしたり、あまり疲れを貯めすぎないようにとしていますが、
やはり数年に一度くらいは軽度の坐骨神経痛を発症していしまいます。

この仕事をやっているうちはうまく付き合っていくしかないのかと思うと少し気が重いです。
タグ:坐骨神経痛

中腰の体制は腰痛や坐骨神経痛のもとになる? [健康]

私の会社で腰痛・坐骨神経痛を訴えるのは女性の方が多いです。
これは不思議な現象でした。なぜなら、女性の方が扱う商品は軽量のものが中心です。
重量物を扱う男性ではなく、なぜ女性に腰痛・坐骨神経痛が多く発生するのか・・

当初は単純に「冷えるのかな」と思い、従業員に聞きましたが、
「作業場が寒くて体が冷える」と言う者は一人もいませんでした。

体に痛みが出たまま作業を続けると、従業員の健康の上でも、作業効率の上でも問題です。
労務管理の上、調査すべきであると考え、男女の作業の様子を比較することにしました。

そこで分ったことがありました。
男性は重量物を扱いますが、腰をかがめることが少ないです。
一方女性は、扱う物は軽量ですが腰をかがめることが多かったのです。

下段に商品を収納する場合や逆に取り出す場合、または低い作業台で作業する場合、
ほとんどの従業員が中腰のまま作業を続けていました。

そこで専門家に協力をお願いし、なるべく中腰にならないような作業の仕方を絵図化して従業員に配布・指導、
そして低い作業台は撤去しました。

従業員から「腰が楽になった」との声が出ています。腰痛・坐骨神経痛の方は中腰に注意してみてください。
タグ:坐骨神経痛



【自宅でできる坐骨神経痛の改善法はこちら】

☆ぜひフォローお願いします! → 坐骨神経痛専門ツイッター

☆日本一の坐骨神経痛専門サイトを目指しております。 → 坐骨神経痛治療ナビ

[ 閉じる ]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。