So-net無料ブログ作成
ネットの上で共有財産

長年、辛い腰痛・坐骨神経痛に悩んでいる方へのアドバイス [健康]

★長年、辛い腰痛・坐骨神経痛に悩んでいる方へのアドバイス


これは私が高校3年生の夏の体験談です。当時私は野球部に所属し、最後の夏の大会に備えて練習していました。


試合前日の練習中に急に腰が痛くなり、満足に動けなくなりました。


直ぐに自宅近くの整体に向かい、マッサージを施してもらいました。


先生によると、蓄積した疲労が腰に溜まっているとのことで、安静にすれば治ると言われました。


しかし、大事な試合は明日です。


痛み止めを注射してでも試合に出たいと直訴しましたが、その後の人生で満足に運動ができなくなる可能性もあるから止めなさいと言われました。


腰を曲げるのも辛い状態でしたが、コルセットを巻いて翌日の試合に臨むことにしました。


監督には途中交代で構わないので、行けるとこまで出場させて下さいと直訴し、何とか出場しました。


腰の痛みと闘いながらも、打っては2安打で、サードの守備も無難にこなすことができました。


その後、3回戦で強豪校に負けてしまいましたが、何とか試合に出場することができました。


引退後1週間は運動をせずに過ごしていましたが、腰の痛みは直ぐに消えました。


私のこのような出来事以来、母校の野球部は専属のトレーナーを付けて、毎日の体のケアを入念にするようになりました。


また、坐骨神経痛の痛み・しびれでお悩みの方はこちらのストレッチがオススメです。 ⇒ http://reun.biz/z/uvXxja/



★お薦めのシニア向けの運動法


シニアとなると、夢にまで見た毎日が日曜日の憧れの暮らしとなります。


しかし、だからこそ、規則正しい生活、毎日の運動を自らに課して自己管理しないと、たちまちに健康を害し、あこがれの暮らしが病院通いとなってしまいかねません。


健康を維持するためには、絶対に運動は欠かせません。


しかし、シニアともなれば体のどこかしらに変調を来たしているものです。


従って、運動が欠かせないとわかっていても、変調を来たしている部分がもっと悪くなるような運動はご法度です。


また、激しい運動で、血圧が急激に上がるような運動もご法度です。


シニアには、血圧があまりあがらない有酸素運動を行うのが一番です。


代表的な有酸素運動は、ウォーキング、散歩、ゲートボールなどでしょう。


ただし、この程度の運動では満足できないシニアも多かろうと思います。


そこで、お薦めしたのが”ノルディックウォーキング”です。


ノルディックウォーキングとは、ノルディックスキーの陸上版というとわかりやすいです。


ポールと呼ばれるスキーのストック状のものを両手に持ち、歩くだけです。


これがポールを付く反動力で、ぐいぐい進むことができます。


大体ウォーキングの速度の1.5倍から2倍の速度になるそうです。


しかし、ポールのおかげで、体がぶれず、楽に歩けるのです。


しかし、運動量は、倍近いので、満足できる運動を行うことができます。


個人的にとてもお薦めですので、ぜひチェレンジしてみてはいかがでしょうか?



★四つん這いになるエクササイズトレーニング





こちらは股関節を開くトレーニングと紹介されていますが、
腰の調子を良くするためにゆっくりやるのもいいですね。


私の場合は、お風呂上りに布団の上でぐりぐりと行っています。


イタ気持ちいいところで、グーッと伸ばすと次の日とても足腰の調子が
良くなります。


ぜひ試してみてください。


また、坐骨神経痛の痛みやしびれでお悩みの方はこちらのストレッチがオススメです。 ⇒ http://reun.biz/z/uvXxja/

タグ:坐骨神経痛

共通テーマ:健康

腰痛・坐骨神経痛の治療と整形外科の活用方法についての考察 [健康]

★「腰痛・坐骨神経痛の治療と整形外科の活用方法についての考察」


私は以前、腰痛に悩まされたことがあります。


パン職人という立ち仕事をしていた上に、移動手段が50ccの原付バイクだったため、やはり腰が冷えるのと負荷がかかるので、腰痛の原因になったことがあります。


同僚からは整体を薦められたり、温泉での療養も薦められたりしたのですが、保険が効くということもあって、整形外科を受診した記憶があります。


そこで、湿布を貰って電気治療をマメにやることになりました。


毎週1~2回ほど電気治療に通って、3ヶ月ほどで腰の痛みがなくなった記憶があります。


湿布に関しては、肌がアレルギーに弱い体質だったので、医師が治療方針から外しました。


電気治療に関しては、アレルギーや副作用もなく無事に治療を続けることができた記憶があります。


今ではあまり腰痛になることもありません。


姿勢も大事なのかもしれませんが、仕事のストレスなんかも腰痛の遠い原因になっているのです。


それから、マメに運動をして腰の筋肉をほぐし、ストレッチをマメにやって腰を温めていることも腰痛・坐骨神経痛の予防になっているのです。


特に、冬場の立ち仕事は腰痛の原因になりがちです。


まめに足腰をほぐすことが一番の予防になります。


坐骨神経痛の痛み・痺れでお悩みのならこちら! ⇒ http://reun.biz/z/uvXxja/



★毎日を健康な生活へ 「とにかくさわやかにウォーキングをしよう!」


わたしが毎日行っている簡単な健康法。


それはウォーキングです。


もちろん、競技を目指すわけではなく、とにかく毎日一定の歩数を歩くということです。


わたしが今実践しているのは、毎日10000歩以上という歩数です。


正直、最初は通勤だけでは5000歩程度だったので、かなり後の5000歩を毎日というと厳しいところもありました。


それが今では全く苦にならないどころか、足りない日は「どこに歩きにいこうか」考えるのが楽しみになっているほどです。


確かに雨の日や冬場はつらいと感じることもありますが、おいしくご飯を食べることもできますし、運動不足を補うのでダイエットにも直結します。


最近は家内もいっしょに夜歩くことも多くなり、コミュニケーションもとれるようになりました。



★「1分間腰痛改善ストレッチ体操」





少し映像がブレていますが、1分間ちょっとの動画ですので、
ぜひご覧ください。


腰痛をお持ちの方にはとても役に立つストレッチ体操ですので、
時間を見つけてぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか?


ストレッチをする時には、無理をせずに、自分のペースで
イタ気持ち良い状態を保つようにするとリラックスもでき
毎日続けることができますよ★



それでは、また次回のブログでお会いしましょう!!


坐骨神経痛の痛み・痺れでお悩みのならこちら! ⇒ http://reun.biz/z/uvXxja/


共通テーマ:健康

【足腰の痛みとしびれ対策】坐骨神経痛と上手に付き合う方法について [健康]

●【足腰の痛みとしびれ対策】坐骨神経痛と上手に付き合う方法について●


10年ほど前から坐骨神経痛に悩まされていますが、小康状態を保っています。


腰から右脚にかけて、通常でも痛みがあります。


特に同じ姿勢を続けているとひどくなります。


一番ひどいのは、椅子にすわり続けていることです。


仕事上、パソコンの作業が多く、1時間ぐらいで、痛みがじわじわ襲ってきます。


その時には、席をはずし、遠くのトイレにいくようにして、歩きます。


途中人のいないところで、壁に手をつき、体重をかけて、腰をのばします。


背伸びも有効です。


これでだいぶ緩和されます。


坐骨神経痛になるきっかけは、腰の痛みからです。


思い出すのは、夏の冷房で一晩中直接腰に冷風が当たっていて、朝目覚めた時に、痛みがはしり、起き上がれないことがありました。


その日は会社を休み、横になって唸っていました。


仰向けや宇うつ伏せでは苦しく、ひざをかかえこむような姿勢です。


午後に痛みがひき、診察してもらったら、レントゲンで背骨の腰の部分の間隔がせまいところがあり、椎間板ヘルニアではないかといわれました。


痛み止めの薬をもらったので、それが効きました。


腰を意識して伸ばした方がよいと言われたので、それ以来実践しています。


腰を冷やさず、同じ姿勢を続けず、重いものはひざをまげるか無理をしない、体操をする、時々マッサージを受けることで、なんとかこれ以上の痛みがひろがらにように注意しています。


坐骨神経痛の痛みやしびれでお悩みの方はこちらのストレッチが効果的かもしれません、 ⇒ http://reun.biz/z/uvXxja/




●簡単にできる1分間ストレッチ●


ここで、ぜひ、記事を見るのをやめて、
ぜひストレッチ体操を実践してみてください。


こちらは、股関節・肩ほぐし&背中お腹のばしに効果があるとされる
簡単なストレッチエクササイズです。





こういった簡単なストレッチでも毎日コツコツと続けることが大事なんでしょう。





●毎日、外に出て歩くとよいです!●


毎日、自分で歩くことを心がけるとよいです。


平日は、朝のゴミ出しをします。


50mほどの距離ですが、ゴミの量が多いときは、3往復ぐらいするので、いい運動になります。


食事後は、犬の散歩につれていきます。


15分かけてします。会社へは車通勤なので、歩く機会はないですが、昼休みは、グラウンドのまわりを30分ほどかけて歩き回ります。


芝生なので、気持ちがよいです。


帰宅後、犬の散歩にでかけます。


朝よりは遠くまでゆっくり歩くようにします。


休日は、大型スーパーまで買い物にでかけます。


以前は自転車を利用していましたが、今は歩いていきます。


1月に一回ぐらい、スーパーの近くのゴルフ練習場で打ちっぱなしをします。


これがかなりストレス解消になり、心地よい疲労が得られます。


金曜日には、会社の帰り道にある、市の温泉プールにより2時間ほど泳ぎます。


700mぐらい泳ぐと、肩こりや腰の痛みが緩和するのでいい運動だと思います。


食事は肉料理は控えめにして、魚や温野菜をとるようにしています。


夜は、早い時間帯に食べるようにしていますが、仕事で遅い場合は、臨機応変にして、量を減らしたりし柔軟に対応しています。


腹筋と腕立てふせも日課にしていますが、回数は決めていません。


気分にあわせてしています。


無理をすると、翌日痛みがでることがわかったので、ほどほどが良いです。


ぜひ参考にしてみてください。




それでは、また次回お会いしましょう!!


坐骨神経痛でお悩みの方は必見! ⇒ http://reun.biz/z/uvXxja/




共通テーマ:健康

腰痛や坐骨神経痛の症状で悩んでいる方の日本人の人数とは? [健康]

●腰痛や坐骨神経痛の症状で悩んでいる方の日本人の人数とは?●


足腰の痛みや痺れで症状はたくさんあります。


腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛・すべり症・分離症、、


そこで今日は腰痛に関するお話しをさせていただきます。


40代から60代の約4割もの人が腰痛に悩んでいる
というデータがあります。


厚生労働省研究班の調査では全国で腰痛に悩んでいる人は、
約2800万人にのぼっています。


年齢別にみてみると、腰に痛みがあると答えた人は
60代がピークで4割強を占めています。


腰の強い痛みというものは、しびれや運動障害など、
日常生活に支障をきたす場合が多いのです。


腰の痛みというものは、背骨の一部である腰の骨に
原因があることがほとんどです。


背骨は、首の部分の骨である頸椎、胸の部分の胸椎、
腰の部分の腰椎などから構成されていてS字型に湾曲しているのが
正しいかたちなのです。


そして、その背骨に沿って脊髄と呼ばれる神経が通っています。


この神経が何らかの原因で圧迫されると痛みが生じるのです。


背骨を構成している骨の円柱状の部分を椎体といいます。


そして、腰椎にかかる負担が大きいのでこの部分の椎体は
他の部分にくらべて太くて大きな形をしています。


その椎体と椎体の間にあるのが、椎間板という繊維軟骨なのです。


この部分は、腰椎への衝撃を和らげてくれたり、
背骨の動きをスムーズにしています。



●簡単にできる1分間ストレッチ●


ここで、ユーチューブ動画にあった、簡単にできる腰に負担のかからない
ストレッチをご紹介させていただきます。


腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアなどでお悩みの方はぜひチェックしてみてください。


1分程度の動画なので、すぐに見終わりますよ。






●【有名女優さんも実践してる】毎日一杯の白湯を飲んで健康になろう●


私が健康の為に習慣としている事は、毎朝コップ一杯の白湯を飲む事です。


白湯は電気ケトルで沸かした後に適温に、
冷めるまで待ってコップに注いでいます。


白湯を飲む事で頑固な便秘が解消され、
毎日午前中にお通じがくるようになりました。


便秘が解消されたせいなのか、時々出来ていた吹き出物も
ほとんど出来なくなり、肌トラブルが少なくなりました。


朝に白湯を飲む事によって、胃腸が活発に動き出すような気がします。


そのせいで、気持ちがシャキっとしますし、
眠気覚ましにもなります。


医学的にどんな効果が認められいるのかは分かりませんが
適度な水分補給はとても大事な事ですし、
同じ水分を取るならカロリーや人工甘味料などを気にせずに、
そして経済的にも優しい白湯を飲み続ける事は
誰にでも気軽に出来る健康法ではないかと思います。


実は米倉涼子さん、深田恭子さんも実践している白湯健康法




ぜひ一度試してみてください!


最後に坐骨神経痛でお悩みの方にオススメの自宅でできる簡単ストレッチはこちらからどうぞ → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康

腰痛、坐骨神経痛の方!腰は体の要 そして、健康のバロメーターです! [健康]

坐骨神経痛は専門のストレッチが良く効く! → http://reun.biz/z/uvXxja/



前職が肉体労働でした。基本が立ち仕事であり、仕事が終わる時間になると
足腰の疲れは相当なものでした。私の周囲にも、ヘルニアや深刻な腰痛持ちが多く、
幸いにも私は軽度で後遺症も無く済みましたが、いかに苦労するかは周囲の人からさんざん聴いていました。

私が気をつけていた事は
「腰に負担を掛けない」という、ごく当たり前の事でした。
実際に何をしていたかといえば、
日常の仕事で重い物を持つ時は、正しい姿勢を心がけ、絶対に腰に力を入れたり
屈んだままで長時間同じ姿勢でいたりしないように心がけていました。
それには普段の姿勢も大事です。いつも背筋を伸ばし、猫背にならないように
注意しているうちに自然とふだんの姿勢もよくなって行きました。

それと、朝は必ずウォームアップをしました。
まだ体が硬いうちに急に動いたりした場合の腰の負担は相当なものです。
そのため、ある程度体があたたまるくらいにストレッチや準備体操をしてから
仕事に臨むようにしていました。
そのせいか体調もよく、腰のためにしていることではあっても
トータルで見てもプラスになりました。

腰痛になった人の「動けなさ」は傍から見て痛々しいほどだったため、
予防の意識を持った上で、具体的な運動や心がけが大切だと心から思います。


坐骨神経痛を自宅で治す方法はこちらから → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康

ウォーキングで足腰を鍛える [健康]

坐骨神経痛は専門のストレッチが良く効く! → http://reun.biz/z/uvXxja/




シニア向けの健康法として私がオススメしたいのは、体に負担があまりかからないウォーキングです。
ウォーキングというのは、体の健康を司る基本となっている足腰を鍛えることにひと役買いますので、
ぜひともオススメしたい健康法です。

シニアになってくると、どうしても外出するのが億劫になってしまい、家の中に引きこもりがちです。
若いころと比べて体力的にも衰えていますから、
そうして家の中でゴロゴロしてしまう気持ちもわかります。
しかし、それだとさらに体力が低下してしまい、健康を害してしまう可能性があります。

それならば、ちょっと頑張ってウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。
最初は家の周りをグルリとただ一周するだけでも構いません。
そうして、まずは「外に出て歩いてみる」ということが大切で、
体や脳にウォーキングの楽しさを感じてもらうのが目的です。

そうすると、いつしか「もっと遠くまで歩いてみたい」という気持ちになってきます。
そうしてウォーキングを続けていけば足腰がほどよく鍛えられますので、
健康法としてはとても効果が高いと私は思っています。




坐骨神経痛を自宅で治す方法はこちらから → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康

腰痛になる前に体重コントロールを! [健康]


坐骨神経痛を治す方法はこちら! → http://reun.biz/z/uvXxja/




私は腰痛持ちです。
体重が85kgもあり、BMIも27なので、明らかな肥満であり、
ウエイトが腰に来ているからだと思います。
普段はなんともないのですが、長時間座っていたり、
熱中して長時間テレビを見ていたりすると、腰痛の症状がてき面に現れます。

ちょっと動くと、ズキンという鈍い痛みが腰を中心に身体中に伝わります。
また、かがむことが困難になり、情けないことに靴下が履けません。
革靴を履くときも長い靴べらがないと履くのがとてもしんどくなります。

また、腰痛の症状が出ている時に自転車やバイクに乗ると、
縁石や窪みを乗り越えるたびに、腰の痛みが身体中を突き抜けて、たまらない痛みになります。
ひどくなると真っ直ぐ歩くのも困難になり、おそるおそるつま先から歩くような、
なんとも格好の悪い歩き方になってしまいます。

そうなれば、もはや病院へ行くしかありません。
病院では痛み止めの注射をするだけで、根本治療にはなりません。
とにかく安静にして、痛みが引いたら、ウエイトコントロールして痩せるように注意されます。
もちろん、やせなければ根本解決にはならないことはわかっていますが、そう簡単にはやせません。

コルセットをして、シップを貼って、痛み止めを飲んで、2週間もすると、腰痛がすっとなくなります。
治ってしまうと、腰痛の苦しみをすっかり忘れてしまい、何かの拍子に再発させてしまいます。
そのたびに反省するの繰り返しで、毎回落ち込んでしまいます。




坐骨神経痛にお悩みの方はこちらをご覧下さい → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康

痛くなったらすぐ通院を! [健康]

坐骨神経痛に良く効くストレッチはこちらから! → http://reun.biz/z/uvXxja/





 腰が痛くなることは滅多にないのですが、
生まれて初めて腰の痛みに悩まされたのは約10年くらい前の夏で、
兵庫県から大阪府に引っ越しした後の事です。

 その時は何度も重い荷物を運んだ為、腰に大きな負担がかかったのだろうと、
今思えばそう自分で解釈しています。

 腰が痛くなった時、立ち上がる事がとても辛く、あまりにも痛い為に、
壁か何かにつかまらないと立ち上がる事が出来ない状態でした。

 歩く事に関しては、ゆっくりと小さな歩幅で何とか歩くことが出来ました。

 あまりにも辛い痛みに我慢できなくなり、父の車で近くの整骨院に通い、
腰の痛みの治療を受ける事になりました。

 レントゲンで検査を受けたのですが、ヘルニアとか骨に異常があるのではと不安でしたが、
ヘルニアでもなく、骨にも異常がないのでその点に関してはホッとしました。

 レントゲンで検査の後、腰に電気みたいなものを流した治療や、
腰をマッサージして整体をするという治療を受けました。

 腰の治療を受ける回数を重ねるにつれて、あれほど痛かった腰の痛みも徐々に治まり、
立ち上がる時も何かにつかまる事もなく、簡単に立ち上がる事が出来るくらいに回復しました。
 




坐骨神経痛は自宅で改善できる! → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康

体のバランスを見直して腰痛改善! [健康]

坐骨神経痛は自宅で改善! → http://reun.biz/z/uvXxja/




お尻をプリッと突き出した姿勢がクセになっている人は腰痛に要注意です。
お尻を後ろに突き出して胸を突きだす不自然な姿勢は、
全身がうつる大きな鏡の前で自分を真横から見てみると一目で分かります。
自分の目で簡単にチェックできることですから、手間も時間もお金もかかりませんね。
全身が映る鏡を持っていなくても、自分の身体がチェックできる鏡の代わりになるものは
誰の周りにもあるはずです。

そこで「横向きで直立している姿勢がでこぼこしている場合」は真っすぐ立つこと、
つまり尾骨を後ろに突き出す姿勢をやめて尾骨を下に向ける意識を持ちます。
お尻がキュッと動くと思いますが、その良い姿勢のまま少々キープしてみます。
慣れてくれば家事をしながらでも十分できることですし、「何かしながら」できるので、
わざわざ時間を作って行わなくても良くなるでしょう。

腰痛の原因は人により様々ですが、偏った姿勢の影響が大きいと思っています。
歩く時の姿勢、ソファに座っている時の座り癖、立っている時の重心の偏りなど、
体のどこかのバランスが崩れると腰の痛みとなって現れてくるので気をつけましょう。





坐骨神経痛を改善するためのストレッチ方法はこちら → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康

腰痛を直して坐骨神経痛を緩和 [健康]

坐骨神経痛を自宅で治す方法とは?! → http://reun.biz/z/uvXxja/




坐骨神経痛は腰痛が一つの原因です。
背骨がゆがんでいることで神経に触れて痛みが出てくるのです。
ですので背骨の歪みをとり腰痛をほぐすストレッチをしましょう。

仰向けに横になって、両手で膝を抱え込んで、頭を膝に近づけるようにします。
体を丸めるような感じです。これを何回か繰り返します。
次に腰痛にとにかく効くのがテニスボールを二つ並べて
ガムテープで固定したものを腰に当てて横になります。
30秒ぐらい当てておくだけで大丈夫です。
これを続ければ腰痛の症状はすぐによくなります。
それに伴って坐骨神経痛の症状んもよくなってくると思います。

姿勢をよくすることも大事です。
姿勢をよくするには壁に手をついて立ち膝を腰の位置ぐらいまでゆっくり引き上げます。
これを10回ぐらい繰り返します。
この体操をすると体をまっすぐ立たせるインナーマッスルを鍛えることができ
姿勢がよくなり腰への負担が減ります。
股裂きも姿勢を良くし下半身を強くするので腰の負担を減らし
腰痛を予防できます。




坐骨神経痛には専門のストレッチで! → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康



【自宅でできる坐骨神経痛の改善法はこちら】

☆ぜひフォローお願いします! → 坐骨神経痛専門ツイッター

☆日本一の坐骨神経痛専門サイトを目指しております。 → 坐骨神経痛治療ナビ

[ 閉じる ]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。