So-net無料ブログ作成
ネットの上で共有財産

ウォーキングで足腰を鍛える [健康]

坐骨神経痛は専門のストレッチが良く効く! → http://reun.biz/z/uvXxja/




シニア向けの健康法として私がオススメしたいのは、体に負担があまりかからないウォーキングです。
ウォーキングというのは、体の健康を司る基本となっている足腰を鍛えることにひと役買いますので、
ぜひともオススメしたい健康法です。

シニアになってくると、どうしても外出するのが億劫になってしまい、家の中に引きこもりがちです。
若いころと比べて体力的にも衰えていますから、
そうして家の中でゴロゴロしてしまう気持ちもわかります。
しかし、それだとさらに体力が低下してしまい、健康を害してしまう可能性があります。

それならば、ちょっと頑張ってウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。
最初は家の周りをグルリとただ一周するだけでも構いません。
そうして、まずは「外に出て歩いてみる」ということが大切で、
体や脳にウォーキングの楽しさを感じてもらうのが目的です。

そうすると、いつしか「もっと遠くまで歩いてみたい」という気持ちになってきます。
そうしてウォーキングを続けていけば足腰がほどよく鍛えられますので、
健康法としてはとても効果が高いと私は思っています。




坐骨神経痛を自宅で治す方法はこちらから → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康

腰痛になる前に体重コントロールを! [健康]


坐骨神経痛を治す方法はこちら! → http://reun.biz/z/uvXxja/




私は腰痛持ちです。
体重が85kgもあり、BMIも27なので、明らかな肥満であり、
ウエイトが腰に来ているからだと思います。
普段はなんともないのですが、長時間座っていたり、
熱中して長時間テレビを見ていたりすると、腰痛の症状がてき面に現れます。

ちょっと動くと、ズキンという鈍い痛みが腰を中心に身体中に伝わります。
また、かがむことが困難になり、情けないことに靴下が履けません。
革靴を履くときも長い靴べらがないと履くのがとてもしんどくなります。

また、腰痛の症状が出ている時に自転車やバイクに乗ると、
縁石や窪みを乗り越えるたびに、腰の痛みが身体中を突き抜けて、たまらない痛みになります。
ひどくなると真っ直ぐ歩くのも困難になり、おそるおそるつま先から歩くような、
なんとも格好の悪い歩き方になってしまいます。

そうなれば、もはや病院へ行くしかありません。
病院では痛み止めの注射をするだけで、根本治療にはなりません。
とにかく安静にして、痛みが引いたら、ウエイトコントロールして痩せるように注意されます。
もちろん、やせなければ根本解決にはならないことはわかっていますが、そう簡単にはやせません。

コルセットをして、シップを貼って、痛み止めを飲んで、2週間もすると、腰痛がすっとなくなります。
治ってしまうと、腰痛の苦しみをすっかり忘れてしまい、何かの拍子に再発させてしまいます。
そのたびに反省するの繰り返しで、毎回落ち込んでしまいます。




坐骨神経痛にお悩みの方はこちらをご覧下さい → http://reun.biz/z/uvXxja/

共通テーマ:健康



【自宅でできる坐骨神経痛の改善法はこちら】

☆ぜひフォローお願いします! → 坐骨神経痛専門ツイッター

☆日本一の坐骨神経痛専門サイトを目指しております。 → 坐骨神経痛治療ナビ

[ 閉じる ]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。