So-net無料ブログ作成
検索選択
ネットの上で共有財産

腰痛は腎臓からでているサイン [健康]

日本人の3人に1人が腰痛を経験していると言います。
誰でもかかるポピュラーなものだし、しばらく安静にしていれば治るだろうと放っておくと、慢性化したり更に悪化したりします。
また、腰痛の陰に思わぬ病気が潜んでいる場合もあります。


実は、腰痛と腎臓とは関係があります。
腰が痛いという症状から、腎臓の疾患を思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか。
意外な組み合わせのようですが、腰痛に悩まされている人の中には、腎臓が原因となっている人もいるのです。


大腰筋という、腰の筋肉があります。
人間の筋肉は、どれも内臓とつながっているもので、大腰筋とつながっている内臓が腎臓ということになるのです。
ですから、大腰筋の動きが悪くなると腎臓の機能が低下してしまうこともあります。


逆に、腎臓を悪くすると腰痛が起こることもあり、腎臓と腰痛の間には密接な関係があるのです。
もし、腰に違和感があったり痛みを感じ続けている場合、腎臓からの何かしらのサインかもしれません。


腎臓の場所は比較的腰に近いものです。
そのため、実は腎臓が痛みの原因となっているのに、腰痛の症状であると勘違いしてしまう場合があるようです。

タグ:腰痛 原因 腎臓

共通テーマ:健康

産後の腰痛と姿勢について [健康]

今や3人に1人が経験していると言われている腰痛
立ち仕事を長時間続けていたり、同じ姿勢でパソコンの前で座り続けていたりすることが原因で
腰痛を引き起こすケースは多いようです。


そして女性の場合は妊娠出産が原因となって腰痛になってしまう人も多くいると聞きます。
ホルモンの崩れや出産時の身体への負担から、産後も腰痛が残ってしまうのです。


出産時に、骨盤底の筋肉が緩むことがあり、それが原因となって腰痛を引き起こしてしまいます。
出産だけではなく、肥満便秘、歳を重ねることや更年期などによっても骨盤底筋は弱まることがあり
支給脱や膀胱脱、尿失禁などの様々な症状につながります。


これらの症状や腰痛は、とてもつらいものなので、できれば予防したいものです。
骨盤底の筋肉は、正しい体操を続けることによって鍛えることができるので、普段から体操を心がけることを
おすすめします。


出産してから女性の身体が完全にもとに戻るまでには、約2カ月を必要とします。
この時期は体力や抵抗力も落ちているので、腰に負担がかかる動きは避けることが大切です。


無理は禁物とは言っても、産後の女性は赤ちゃんをおんぶしたり抱っこしたりと腰に負担のかかる動作が
必要不可欠です。
なるべくいい姿勢を保ち、同じ姿勢を続けることや、身体に負担のかかる姿勢を続けないように気をつけましょう。
タグ:腰痛 産後 姿勢

共通テーマ:健康

産後に起こる腰痛について [健康]

女性は男性と違って、妊娠出産というものを経験します。
この妊娠や出産が、腰痛の原因となっているケースも、とても多いものです。


妊娠をした女性の身体は妊娠3カ月くらいになると、赤ちゃんが産道を通りやすいように、
関節をやわらかくするリラキシンというホルモンが分泌されるようになります。


このリラキシンによって、恥骨結合を緩め、出産の負担を軽減してくれるのですが
関節の動ける範囲が広がるため、靭帯が緩み、その結果腰への負担が大きくなってしまいます。


そして妊娠中は体重が増加する傾向にあるので、腰痛のリスクは増えます。
このことが原因で産後に腰痛が残るケースは多いようです。


出産時には、赤ちゃんが狭い骨盤内を通るので、特に骨盤の中の恥骨結合部に大きな負担がかかるのです。
そのことが、産後に腰痛が起こる原因となってしまうのです。
もし産後に腰痛が残ってしまった場合には、腰痛対策用の骨盤ベルトを利用して関節を安定させるようにしましょう。

タグ:腰痛 産後 姿勢

共通テーマ:健康

腰痛治療のためのコルセットについて [健康]

多くの人が悩まされている腰痛
激しい痛みのせいで歩行すら難しくなったり、時に手術を必要としてしまうほどに悪化する場合もあります。


腰の痛みやしびれ、違和感などを感じたら、決して放っておかずまずは専門の病院で適切な治療を受けましょう。
そして日常生活の中でも、正しい姿勢を保ったり、運動をしたりして腰痛の改善に努めましょう。


腰痛の治療方法としては、腹筋や背筋を鍛える運動をすることが効果的です。
また、腹筋を補助するための腹圧を高める役割をするコルセットを使うこともあります。


コルセットを着けると、腰部分を支えて負担を軽くし、上半身と下半身をつなぐ部分を保護することができます。
コルセットは、骨盤を支える上でも効果的です。


ただ、コルセットを着用したからと言ってそれだけで腰痛が改善できるわけではありません。
医師の適切な治療を受けることや腰痛体操を続けたりすることと並行して、腰痛を軽減させましょう。


コルセットを着け方を間違ったり、長期にわたって使うことは、腰痛の症状を更に悪化させてしまうこともあります。
コルセットを着用するときには、かかりつけの医師から正しい使い方アドバイスしてもらい、
使用後はストレッチ体操をして血行を改善するようにしましょう。

共通テーマ:健康

腰痛の治療とコルセットについて [健康]

腰痛に苦しんでいる人はとても多く、3人に1人の割合で腰痛を経験していると言われます。
人によって症状も様々で、激しい痛みが起きても安静に過ごすことで改善する一過性のものと
いつまでも痛みが続く慢性のものとがあります。


つらい痛みを伴い、時に日常生活を送ることにも困難を来たす腰痛ですから、できるだけよい治療を受け改善したいものです。
腰痛には多くの原因がありますが、脊椎や椎間、腰回りの靭帯や筋肉に問題があることが多いです。
姿勢の悪い立ち方や、長時間座ったままの姿勢を続ける、急激な運動をするなど、日常生活の中に危険性は潜んでいます。


関節がずれることによって神経を刺激して腰痛を引き起こしたり、靭帯や軟部組織の損傷がぎっくり腰や
椎間板ヘルニアなどを引き起こし、腰痛や坐骨神経痛にまで進んでしまいます。


これらの腰痛は、医師の治療を受けることと並行して、姿勢を正しく保ってバランスの良い身体にすることや、
筋肉をやわらかくたもち血流を良くする運動で改善が期待できます。


運動不足になると腹筋が衰えてしまいます。
また、腹筋と背筋のバランスが崩れると、お腹が出て背骨が反りすぎる姿勢になってしまい、
骨盤が前方に滑り出してしまいます。


これらの姿勢が背筋の柔軟性を奪い、腰痛の原因となってしまうのです。
ですから正しい姿勢を保つことは腰痛の治療に大切ですし、同時にコルセットなどを着用することでも
効果を期待できます。


共通テーマ:健康

腰痛予防のための姿勢と体重について [健康]

日常生活の中でバランスの悪い姿勢で過ごすことは、腰痛を引き起こしやすくします。
つらい腰痛を予防するためにも、正しい姿勢を保って生活することは大切です。


正しい姿勢を保つことの他に、きちんと体重管理をすることも腰痛予防のためには必要なことです。
不満体型の人は腰にかかる負担が大きく、脂肪が多ければ多いほど血流が悪くなり腰が冷えやすくなります。


自分の身体をよくチェックして、腰の関節が硬くないか、背中の筋肉が柔らかいか、見るようにしましょう。
腰をひねる動作が少ないと、腰周りの筋肉が硬くなったり緊張したりしてしまいます。


腰周りの筋肉を鍛えて血流を良くするためにも、普段からウエストをひねるなどの体操を続けるようにしましょう。
腰の緊張を取り除くことで、しっかりと腰を支えることができるようになり、腰痛の予防になります。


ぎっくり腰を起こす人にいちばんおおいきっかけが、重いものを持ち上げる瞬間です。
重いものを持ち上げる際には、一度しゃがんで腰を曲げないように注意し、身体全体で荷物を持ち上げるようにしましょう。


寝るときに使用している寝具によっても腰痛を引き起こしてしまうものがあります。
やわらかすぎる寝具や身体が沈むような寝具は避けたほうが、安心です。
枕の高さや椅子など、自分が日常的に使う道具なども注意して選ぶようにしましょう。
タグ:腰痛 予防 姿勢

共通テーマ:健康

腰痛予防に正しい姿勢を [健康]

仕事中に怪我をして4日以上仕事を休むことになる人のうち、3分の2以上は腰痛だと言われています。
立ち仕事や重いものを運ぶような作業、また長い時間をパソコンの前で座って過ごす人なども
腰痛を発症するケースが増えているそうです。


これが職場だけに限らず家庭で過ごす人までも含めたら、腰痛に苦しむ人の数は更に増えることでしょう。
一度なってしまうと激しい痛みを伴ったり、慢性化したりすることもある腰痛を予防するにはどうしたらいいか、
紹介していきましょう。


自分の立ち姿をきちんと見たことがありますか。
意識して姿勢を正さないと、お腹が出たり、背中が反りすぎたりと、腹筋と背筋のバランスのとれた立ち方は難しいものです。
腰痛の予防には、まずは正しい姿勢が大切になってきます。


長い期間、バランスの崩れた姿勢で過ごしていると、骨盤の位置がずれてしまい、坐骨神経痛や
椎間板ヘルニアを引き起こす原因となります。
歳を重ねたり、運動不足で腹筋が衰えると腰痛になりやすくなるので、日常的に腹筋を鍛える運動を取り入れるようにしましょう。


正しい姿勢とはどんなものなのでしょう。
壁に背中を当て、後頭部、肩甲骨、仙骨、かかとの全てがピッタリと壁につくように立ちます。


この形が腰痛を予防する姿勢のいい立ち方となります。
座る際にも、正しい姿勢が大切になります。
自分に合った形の椅子に深くかけ、あごを軽くひいて背筋を伸ばし、お腹を引っ込めるようにしましょう。


タグ:腰痛 予防 姿勢

共通テーマ:健康

クッションで腰痛を軽減 [健康]

長時間の座り仕事や悪い姿勢は、腰に大きな負担をかけてしまい、腰痛を引き起こしてしまいがちです。
座り仕事の人が腰痛を予防したり軽減するためにおすすめの道具として、腰痛対策クッションがあります。


腰痛対策クッションは、クッションの角度や形によって、座った時の身体の圧力が均等にかかるように作られているので
腰にかかる負担を軽くすることに効果があります。


一般的に人は、座っている姿勢だと体重の1.5倍もの負担が腰にかかっていると言われます。
そこでこの腰痛対策クッションを使うと、腰にかかる負担を分散することができるのです。


硬い椅子に座ったりする場合、椅子からの反発力が腰にかかってしまうので、このような時には
低反発クッションが効果的です。


腰痛対策クッションの形は、下半身への血流を邪魔しないように作られているので、
長い時間同じ姿勢で座っていても、腰痛や足のしびれを起こしにくくしてくれます。


車の運転を長時間する人も、腰痛に悩まされている人は多いかと思います。
車のシートに座る姿勢を続けていると、背骨がS字のカーブを保ちにくくなってしまい、腰痛を引き起こしてしまいます。
背中とシートの間に腰痛対策クッションをはさむと、きちんとした背骨のカーブを保てるので、腰痛の予防に役立ちます。


自分の生活や姿勢に合わせて腰痛対策クッションを上手に選び、つらい腰痛を軽減させるようにしましょう。

共通テーマ:健康

腰痛を軽減するためにクッションをつかう [健康]

長時間の立ち仕事や重いものを持ち上げる仕事、デスクワークなど、日々の姿勢や生活習慣の積み重ねが
原因となって引き起こされることが多い腰痛


たとえばパソコンの前で一日中同じ姿勢で仕事をしている人などは、無意識のうちに前かがみになったり
姿勢が悪くなったりしていませんか。
このような姿勢は腰痛になりやすいので周囲が必要です。


腰痛の予防や軽減のためには、正しい姿勢を保つことが大切になってきます。
悪い姿勢で長時間過ごすと、腰回りの筋肉がこって血流がわるくなってしまいます。
その結果、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を引き起こしたりしやすくなるのです。


毎日の仕事の合間に、少し姿勢を変えたり立ち上がって身体を動かしたりしましょう。
また、立っている時の姿勢も頭からかかとまでが一直線になるように、鏡でチェックするなどしましょう。


これは意外なことなのですが、立っている姿勢よりも座る姿勢のほうが、腰にかける負担が大きくなります。
正しい姿勢で座ろうと意識していても、ついつい仕事に集中するあまり、姿勢を正しく保つことを
忘れてしまったりするものです。


どうしても長時間の座り仕事を続けなければならない、また、座っているときの姿勢を保持することが難しいという
人には、腰痛対策のためのクッションがおすすめです。


共通テーマ:健康

腰痛ベルトと腰痛の改善について [健康]

一度なると慢性化してしまったり、癖になってしまったりすることもある腰痛
医師治療と並行して、自宅でもできる改善方法の一つとして腰痛ベルトの使用が挙げられます。


腰痛ベルトを着けることによって、腹部に適切な圧力を与えて身体や背骨を内側から支えてくれます。
あまりきつく締めすぎると血行が悪くなって、逆に腰痛を悪化させてしまったり、腰痛が収まってきてからも
長期にわたって腰痛ベルトを着け続けていると、筋肉が衰えてしまったりするので、注意が必要です。


姿勢を良くすることはとてもいいことですが、あまりにも意識するあまり背中が反りすぎてしまうことがあります。
このことはかえって腰に負担がかかりよくないのですが、腰痛ベルトを着けることによって正しく姿勢を矯正することができます。
腰痛ベルトを着けることで保温にもなるので、筋肉を和らげたりする効果があります。


腰痛や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの腰周りの様々な症状の改善に用いられる腰痛ベルトは、整形外科などの
保存療法として使用しています。


腰痛ベルトを着けただけで腰痛が改善するとは言い切れません。
日頃から腰痛体操を続けて筋肉を鍛えたり、姿勢を正しく保ったりする努力を続けることが大切です。

共通テーマ:健康



【自宅でできる坐骨神経痛の改善法はこちら】

☆ぜひフォローお願いします! → 坐骨神経痛専門ツイッター

☆日本一の坐骨神経痛専門サイトを目指しております。 → 坐骨神経痛治療ナビ

[ 閉じる ]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。