So-net無料ブログ作成
ネットの上で共有財産
- | 2010年11月 |2010年12月 ブログトップ
前の10件 | -

坐骨神経痛の治療効果について [健康]

坐骨神経痛の治療効果について

坐骨神経痛の治療薬には西洋医学でよく使われる鎮静剤や筋弛緩薬などがあります。
しかし、西洋医学では対処しきれないときもあります。
そんな時には中国漢方を利用するのが良いでしょう。
中国漢方は坐骨神経痛の治療薬として優れているといわれています。


漢方では坐骨神経痛を「血」と「水」のバランスが悪いため、流れが滞っていると考えています。
なので血をきれいにして流れをよくする漢方薬や、水の流れを正常に戻す漢方薬を坐骨神経痛の治療薬として用います。
よく使われる漢方薬は桂枝茯苓丸、独活寄生湯、桃核承気湯、芍甘黄辛附湯、疎経活血湯、当帰芍薬散などです。


中でも独活寄生湯は坐骨神経痛にとって1番辛い痛みやしびれによく効きます。
鎮痛剤とは違っい、胃腸や関節を丈夫にして、基礎体力をあげてくれます。
副作用がないので小さなお子様やご年配の方まで安心して服用することができます。


この事から坐骨神経痛の治療薬は中国漢方が1番適しているのではないでしょうか。

坐骨神経痛の治療効果 [健康]

坐骨神経痛の治療効果

坐骨神経痛はとても辛い症状です。
坐骨神経痛は腰からお尻、足先にかけて痛みが現れます。
ほとんど痛みは左右どちらかの一方に現れます。


1度発症してしまうと中々治りにくい症状でもあります。
さらに坐骨神経痛は神経痛の中でも発症しやすい病状です。
なのでなるべく効果のある治療薬を見つけることが出来るかが大事になってきます。


坐骨神経痛は椎間板ヘルニアが原因で発症することが多いです。
椎間板ヘルニアのほかにも、婦人科疾患や糖尿病など他の原因で発症する場合もあります。
坐骨神経痛の症状によっては薬物療法を行います。


非ステロイド系の消化鎮痛剤は痛みと炎症を抑える効果があります。
筋緊張弛緩薬は筋肉の緊張をやわらげ、末梢循環改善薬は血流を改善させる効果があります。
その他にもプロスタグランディンは血管を広げ血流をよくし、ビタミンB12は神経機能を安定させてくれます。


治療薬として西洋医学で使われるこれらの鎮静剤や筋弛緩薬などは痛みの神経をブロックしているだけなのです。
なので根本的な問題は解決できませんし、胃腸障害などの副作用にも注意しなければなりません。

坐骨神経痛に対する治療策 [健康]

坐骨神経痛に対する治療策

坐骨神経痛に対する治療方法を考える前にまずは坐骨神経痛について知っておかなくてはいけません。
私たちの体内には末梢神経の中で最も太く長い神経である坐骨神経があります。
この坐骨神経が腰椎の隙間から出て骨盤をすり抜けて、お尻の筋肉のあたりに出る時があります。
そして坐骨神経が圧迫などの障害を受けた時に坐骨神経痛を発症します。


坐骨神経通は腰痛と似ていますが、まったく別物と考えてください。
腰痛は腰とお尻だけに痛みが出ますが、坐骨神経通はお尻や下肢がしびれたりつっぱったりして痛みます。


坐骨神経痛にも様々な種類がありますが、どのタイプの坐骨神経痛でも治療法方は共通しています。
坐骨神経痛に対する治療方法はお尻を治療することです。


お尻のコリを軽減させると、それまで圧迫されていた坐骨神経痛の圧迫がとれてきます。
コリがなくなることにより坐骨神経痛の症状が軽減します。
しかし腰椎や下肢を治療した場合に以前より悪化するということがあるので注意しましょう。

坐骨神経痛の改善方法 [健康]

坐骨神経痛の改善方法

坐骨神経痛を改善する方法にどんな方法があるか調べてみました。
重いものをもたない、激しい運動を避ける、長時間同じ姿勢をとらない、足元を冷やさないといった日常生活の心がけで改善できる方法があります。
そのほかにも腰周辺の筋肉をつける、肥満を改善するといった肉体的に鍛える方法などがあります。


また、ストレッチもよく効く方法といわれています。
自宅でも簡単にできる方法がたくさんあるので違和感を感じたらストレッチを行ってみるというのも良いことだと思います。


坐骨神経痛は原因によって改善方法も違い、また間違った改善方法のせいで悪化するということもあります。
ですから悪化する前に予防することが大切です。


坐骨神経痛が悪化するとと最悪の場合、歩行障害がおこるときもあります。
これを防ぐためにも坐骨神経痛は予防、早期発見・治療この3つが非常に大切なことなんです。


日ごろの生活習慣を見直して坐骨神経痛の予防、改善を心がけましょう。
その為にも自己判断することなく医師の正しい診断を受けるようにしましょう。

坐骨神経痛の改善方法はあるのか? [健康]

坐骨神経痛の改善方法はあるのか?

腰の痛みといえば坐骨神経痛を思い出す方もいると思います。
人体にある末梢神経の中でも最も長く太い坐骨神経という神経があります。
この神経が圧迫などの刺激をうけることによって痛みや張りなどが現れる症状のことを坐骨神経痛といいます。


症状の原因がはっきりわかる場合には、坐骨神経痛は病名ではなく症状として扱われることが多いようです。
原因がハッキリしているほうが改善方法も分かりやすいといえるでしょう。


腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症などが坐骨神経痛の原因といわれています。
この場合も原因が分かっているので改善方法も明確になるでしょう。


それでは腰椎椎間板ヘルニアとはどんなものなのでしょうか?
腰椎椎間板ヘルニアとは椎間板が飛び出したりはみ出したりする病気です。
椎間板が飛び出したりはみ出したりすることにより神経が圧迫され坐骨神経痛の症状がでるときがあります。


腰部脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなる病気で、変形性腰椎症は腰椎の形が変形する病気です。
腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症ともに神経が圧迫されることにより坐骨神経痛の症状が発症します。

坐骨神経痛の柔軟方法 [健康]

坐骨神経痛の柔軟方法

それでは前回の続きとなります。
今回は坐骨神経痛のストレッチ方法について説明していきます。


始めに平らな場所で両手両足をリラックスさせた状態で四つん這いになります。
床におへそをつける感じでゆっくり腰をそらせていきます。
何回かこの動作を繰り返していきます。


次は膝をついても痛くない安全な場所で正座をします。
そして床に両手をつき、腰に張りを感じた時点で10秒間静止してまた正座します。
この動作を繰り返しながら腰に張りを感じなくなるまで続けます。


続いて床に沿って両手を前にずらしながら頭を床に近づけていきます。
このストレッチでも張りを感じるという方は先ほどと同じように10秒間静止して張りが和らぐまで繰り返します。
以上で自宅でも出来る坐骨神経痛のストレッチ方法です。


これらのストレッチは自宅でも簡単に出来るので違和感を感じたら試してみましょう。
もしも張りや痛みがでた場合には無理してストレッチをせずに中止しましょう。
そして早めに整形外科に行き、医師に診断してもらいましょう。

坐骨神経痛と柔軟体操 [健康]

坐骨神経痛と柔軟体操

坐骨神経痛は持病のようになかなか完治しないことが多いといわれています。
しかし坐骨神経痛のストレッチ方法があります。
しかも自宅でも手軽に行えるストレッチ法です。


ストレッチとは筋肉の柔軟性を保ち、姿勢のバランスを保ちます。
正しい姿勢を保つというのも健康にとっていい事といえるでしょう。


ただし、ストレッチをする前に注意しておかないといけないことがあります。
それはお尻や太もも裏から膝、足にかけての範囲に痛みやしびれなどの症状がある場合です。
そういった症状がある方は事前に一度整形外科などで診断してもらいましょう。


それでは坐骨神経痛のストレッチ方法の説明をしたいと思います。
始めに腰の状態を確認し、平らな場所で軽く足を揃えてまっすぐ立ちます。


次に両手をゆっくりと床につけていくように前屈姿勢をとります。
そして腰を曲げないように注意しながら上半身をゆっくりと後ろにそらせていきます。


これらの動作で痛みや違和感を感じた場合はストレッチを中止しましょう。
そして直ちに整形外科に診断してもらうようにしましょう。
何も問題がなければストレッチを開始することになります。
ストレッチの方法は次回に続きます。

坐骨神経痛の症状とは [健康]

【坐骨神経痛の症状とは】

前回に引き続き「坐骨神経痛とは何か?」ということを説明していきたいと思います。
前回は「坐骨神経」は「抹消神経」であり「最も長く、太い末梢神経」でもあると説明しました。


さて、それでは「坐骨神経痛」はどんな症状なのでしょうか。
簡単に説明しますと、「坐骨神経」が圧迫されることによって発生するお尻から足先にかけての強い痺れ,または鈍い痛みのことをいいます。


坐骨神経痛はそれ自身で発症するわけではなく、他の病気から併発する症状です。
ぎっくり腰やヘルニアなどの病気から引き起こされるということが最も多く見られます。
従って、坐骨神経痛は「病名」ではなく「症状」だということを理解しておいてください。


坐骨神経痛を治療にあたり、まずは原因である腰の病気が何であるかを見極めた上での治療が大切です。
当然のことながら自己判断をして放置をするなんてことがあってはいけません。
坐骨神経痛は運動障害をおこしますし、放置しておくと最悪の場合、排尿障害を引き起こす可能性もあります。
なのでまずは整形外科や接骨院に行って診てもらうということが大切なことです。

坐骨神経痛とは何なのか? [健康]

【坐骨神経痛とは何なのか?】

今回と次回の2回にわたって「坐骨神経痛とは何か?」ということを簡単ではありますが説明したいと思います。
「坐骨神経痛」という症状があります。
様々な方面で聞いたことがある言葉とは思います。
しかしみなさんはこの坐骨神経痛という症状についてどこまで知っていますか?


この坐骨神経痛という症状は若年層から年配の方まで、つまり老若男女問わず幅広い年代の方が発症する可能性がある症状なんです。
しかし、その原因は個人個人により異なっている場合が多いみたいです。
それでは坐骨神経痛について基本的な知識を知っておきましょう。


そもそも坐骨神経とはどこの神経のことを言っているのか。
始めはそこから、簡単な説明をしましょう。


坐骨神経とは背中を走る「脊髄神経」から走る「抹消神経」と呼ばれる神経の一つです。
また、坐骨神経は主にお尻周辺に走る神経の集まり「仙骨神経叢」からお尻裏側から太もも裏側へと連なる「最も長く、太い末梢神経」でもあります。
皮膚表面に近い位置を走っている神経であり、その長さは約1mもあります。
この続きは次回にしたいと思います、それではさようなら。

坐骨神経痛に効果のあるといわれている鍼灸 [健康]

【坐骨神経痛に効果のあるといわれている鍼灸】

鍼灸は体のツボに鍼や灸をすることにより、症状を緩和させる治療方法です。
鍼灸の何よりも安心できる点は治療院の鍼灸師の方々が「はり師」・「きゅう師」の国家資格を持っていることです。
国家資格ということは国がお墨付きを与えているということでもあるので信頼もおけるというものです。
鍼に関しては手術前や適当な治療方法が見つからない場合、試してみる価値は十分にあると思います。


しかし残念ながら、効果が実感できない場合もあるそうです。
そうした重度の坐骨神経痛の方は医師の治療と鍼灸治療を併せて行わないといけないでしょう。
勿論いい点もあり、痛み止めを長期間にわたり服用している方などには相乗効果があるみたいです。
通院回数も気になるところですが、よほど重度の坐骨神経痛でない限りほとんどの方は10回ほどで効果が現れてきます。


ただし、鍼灸治療を受けた結果治ったとしても再発する可能性はやはり少なからずあります。
これは手術をした場合でも言えることなのですが、治療はあくまでも痛みを和らげるものだと言うことです。
ですので完治した後も日ごろから再発防止を心がけることが大切になってきます。
前の10件 | -
- |2010年11月 |2010年12月 ブログトップ



【自宅でできる坐骨神経痛の改善法はこちら】

☆ぜひフォローお願いします! → 坐骨神経痛専門ツイッター

☆日本一の坐骨神経痛専門サイトを目指しております。 → 坐骨神経痛治療ナビ

[ 閉じる ]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。